サインバルタ(デュロキセチン)とは?サインバルタ(デュロキセチン)は何に使用されますか?

サインバルタ(デュロキセチン)は、うつ病、不安症、およびある種の長期的な痛みの治療に適していますが、他の抗うつ薬よりも、アルコールを飲んだり、高血圧であったりすると問題が生じやすくなります。

サインバルタ(デュロキセチン)とは?


サインバルタ(デュロキセチン)の作用


サインバルタ(デュロキセチン)は、セロトニン・ノルエピネフリン再取り込み阻害薬(SNRI)です。脳内のセロトニンとノルエピネフリンの活動を活発にし、気分を整える働きがあります。


サインバルタ(デュロキセチン)は何に使用されますか?


うつ病
不安神経症
糖尿病性神経障害(糖尿病による神経の痛み
線維筋痛症
長期的な筋肉痛

サインバルタ(デュロキセチン)の標準的な用法・用量
デュロキセチンの標準的な開始用量は、1日1回30~60mgを経口投与します。

サインバルタ(デュロキセチン)に関するよくある質問です。

サインバルタ(デュロキセチン)は痛みに使われますか?


デュロキセチンは抗うつ剤ですが、FDAは線維筋痛症、糖尿病性神経障害(神経の損傷)、長期の筋肉痛の治療にも承認しています。

サインバルタ(デュロキセチン)はどのくらいで効果が出ますか?


1~2週間で、睡眠、エネルギー、食欲などが改善されるのを実感できます。サインバルタ(デュロキセチン)の気分改善の効果を完全に発揮するには、12週間ほどかかります。

サインバルタ(デュロキセチン)服用中にお酒は飲めますか?


デュロキセチン服用中の飲酒は、眠気や協調性を悪化させる可能性があるのでお勧めできません。また、デュロキセチン服用中にアルコールを飲むと、肝臓に害を及ぼす可能性があります。定期的にお酒を飲む方は、代替のお薬を検討するために、医療機関にその旨を伝えてください。

デュロキセチンを夜に服用してもいいですか?


デュロキセチンは、毎日同じ時間に服用するのがベストです。多くの人は朝に服用しますが、朝に服用して眠気を感じる場合は、夜に服用してみてください。

副作用はどのくらい続きますか?


一般的な副作用は、吐き気、頭痛、口の渇き、眠気、疲労感、便秘、睡眠障害などです。これらの副作用は、1週間から2週間でなくなります。

サインバルタ(デュロキセチン)の長所と短所


長所

糖尿病などの長期的な痛みによる神経痛を下げる効果があります。

いくつかの用途があるので、複数の問題を抱えている人にも適しているかもしれません。

このSNRIクラスの他の薬剤と比較して、血圧の変化に大きな影響を与えない。

ジェネリック医薬品として販売されており、価格が安い


欠点

気分的に完全な効果を感じるまで、数週間かかることがある。

飲酒量が多い方、肝臓や腎臓に問題がある方にはお勧めできません。

24歳以下の方は、自殺願望や自殺行動のリスクが高くなる可能性があります。

出血のリスクを高める可能性があります。血液をサラサラにする薬を服用している場合は、医療機関に伝えてください。

サインバルタ(デュロキセチン)の薬剤師としての心得

食事の有無にかかわらず服用してください。カプセルを砕いたり噛んだりしないで、丸ごと飲み込んでください。

急に薬をやめると、離脱症状が出ることがあります。デュロキセチンの服用を中止したい場合は、医師に相談してください。

急な気分の変化やいつもと違う考えに気づいたら、医師に伝えてください。

デュロキセチンは、めまいや疲労感を引き起こす可能性があります。この薬の影響がわかるまでは、車の運転や重機の操作をしないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button