インスリンイソフェンとは?使い方は? 何のために使うの?

インスリンイソフェン懸濁注射液は、1型および2型糖尿病を有する成人および小児の血糖コントロールを改善するために使用されます。これは、血糖値を下げ、糖尿病の重篤な合併症を発症する可能性を低減するのに役立つ中間作用型インスリンです。

インスリンイソフェン懸濁注射液は、しばしば短時間作用型インスリンや他の経口糖尿病治療薬と一緒に処方されます。医師または看護師は、皮膚の下に注射する正しい方法を教えてくれます。医師の指示がない限り、服用を中止しないで下さい。健康的な食事、定期的な運動、体重の減少など、医師のアドバイスに従った治療プログラムの一部に過ぎません。

血糖値を定期的にチェックし、その結果を記録し、医師と共有してください。これは、あなたにとって正しい薬の服用量を決定するために非常に重要です。

この薬の最も一般的な副作用は、血糖値の低下(低血糖)です。これを防ぐには、常に正しい量の薬だけを注射し、定期的に食事をし、定期的に血糖値を監視することが重要です。また、過度の飲酒は血糖値の低下を招くことがあります。その他の副作用として、注射部位の発赤や腫れなどの反応があります。皮膚の同じ部位に繰り返し穿刺すると、脂肪異栄養症(注射部位の皮膚が厚くなったり、穴があいたりすること)になることがあります。人によっては、インスリン服用中に体重が増えたり、浮腫(体液の貯留により全身がむくむこと)が生じることがあります。

血糖値が低い時は、この薬を使用しないでください(低血糖症)。腎臓、肝臓、心臓に問題がある場合は、治療を開始する前に医師に伝えてください。妊娠中または授乳中の女性も、用量を変更する必要があるかもしれないので、医師に相談してください。

インスリン製剤「イソフェン」の効果

糖尿病治療薬

インスリンイソフェン懸濁注射液は、通常、血糖値をコントロールするために他の糖尿病治療薬と一緒に使用される中間作用型インスリンです。それは、通常、体内で生産されるインスリンを置き換えます。これは、あなたの体がエネルギーとしてそれを使用できるように、筋肉や脂肪細胞にグルコースを取得するのに役立ちます。また、肝臓でのグルコース産生を減少させます。

血糖値を下げることで、腎臓障害、眼障害、神経障害、手足の切断など、糖尿病の重大な合併症にかかるリスクを軽減することができます。このインスリンは、いつ、どこで、どのように注射すれば最も効果的であるかを正確に理解してください。また、このインスリン注射の効果を最大限に発揮させるために、いつ、どこで、どのように注射をすればよいのか、また、適切な食事と運動とともに、定期的に注射をする必要があります。

インスリンイソフェンの副作用

ほとんどの副作用は、医師の診察を必要とせず、体が薬に慣れるにしたがって消失します。症状が続く場合、または心配な場合は医師に相談してください。

インスリンイソフェンの一般的な副作用

  • 低血糖症(血糖値が低い状態)
  • 注射部位のアレルギー反応
  • 脂肪異栄養症(注射部位の皮膚が厚くなったり、穴があいたりすること)
  • 体重増加
  • 浮腫(むくみ)

インスリンイソフェンはどのように作用しますか?

インスリンイソフェン懸濁注射液は、中間作用型インスリンで、注射後1〜2時間で作用し始めます。体内で生成されるインスリンと同様の働きをします。インスリンは、筋肉や脂肪細胞での糖の再吸収を促進し、また肝臓での糖の生産を抑制します。これにより、糖尿病における血糖値を下げることができます。

Q. 二相性イソフェンインスリンの作用は?

インスリンイソフェンは、遺伝子組み換えヒトインスリンアナログ(遺伝子組み換えインスリンを実験室で培養し、ヒトインスリンに類似させたもの)です。これは中間作用型インスリン製剤です。インスリンアイソフェンは、インスリンの正常な産生を代替し、血液中の糖を他の体内組織へ移動させ、エネルギーを生成するために利用するのを助けます。また、肝臓が糖をより多く生産するのを止めます。中間型インスリン製剤は、注射後1〜2時間で作用し始め、7時間程度で作用のピークを迎え、その後、作用は弱まり、全体の作用時間は18〜24時間程度となります。

Q. インスリンイソフェン懸濁注射液とは何ですか?また、どのように製造されているのですか?

インスリンアイソフェン懸濁注射液は、遺伝子組換え技術というバイオテクノロジーによって製造された、ヒトインスリンの人造品です。インスリンアスパルトとグリセリン、フェノール、メタクレゾール、亜鉛、塩化ナトリウムなどの成分を含む、無菌の水溶液、無色透明な溶液として販売されています。

Q. インスリンイソフェン懸濁注射液は、低血糖を起こすことがありますか?また、それを防ぐにはどうしたらよいですか?

はい。インスリンイソフェン懸濁注射液の最も一般的な副作用は、低血糖です。食事を抜いたり、遅らせたり、アルコールを飲んだり、過度の運動をしたり、他の抗糖尿病薬を一緒に飲んだりすると起こりやすくなります。そのため、食事を抜かず、食事のタイミングや量を一定にするようにしましょう。また、運動をした場合は、必要に応じて間食をとるようにしましょう。血糖値の定期的なモニタリングは重要です。常にブドウ糖の錠剤、蜂蜜、フルーツジュースなどを携帯してください。医師から処方された薬はすべて期限内に服用し、血糖値の変動に気づいたら医師に相談してください。

Q. インスリンイソフェン注射用懸濁液の他の副作用は何ですか?また、それを防ぐにはどうしたらよいですか?

注射用インスリンイソフェン懸濁液のその他の副作用は、赤み、かゆみ、痛み、腫れなどの注射部位反応です。しかし、これらは一時的なもので、通常は自然に治まります。また、まれに、皮膚の同じ部位に繰り返しインスリンを注射することによる脂肪組織の異常な変化を意味するリポディストロフィーを起こすことがあります。脂肪肥大症(脂肪組織が厚くなる)や脂肪萎縮症(脂肪組織が薄くなる)などがあり、インスリンの吸収に影響を与えることがあります。リポディストロフィーのリスクを減らすために、同じ部位内でインスリンの注射や点滴の部位をローテーションしてください。

Q. インスリンイソフェン懸濁注射液はどのように使うべきですか?

インスリンイソフェン懸濁注射液は、皮下(皮下)に注入されます。医師が注射すべき皮膚の部位を教えてくれます。毎回、同じ場所に注射しないようにして下さい。腹部、臀部、上肢、上腕などの典型的な注射部位を交互に注射してください。決して筋肉や静脈にヒューマログを注射しないで下さい。1週間か2週間ごとに新しい注射部位に移動してください。身体の同じ部位に注射し、注射のたびにその部位内を移動することを確認しながら、1~2週間行います。その後、身体の別の部位に移動し、このプロセスを繰り返します。血糖値の極端な変動を避けるため、少なくとも1週間は同じ部位で行ってください。

Q. インスリンイソフェン懸濁注射液は、静脈への注射(静脈注射)でも投与されるのですか?

はい、時々、糖尿病性ケトアシドーシス、重度の高血糖などの特定の状況では、注射用インスリンイソフェン懸濁液は静脈への注射(静脈内注射)として投与されるかもしれません。ただし、病院で血糖値を継続的に監視しながら、医師によってのみ投与されます。

Q. インスリンイソフェン懸濁注射液は、妊娠中に使用しても安全ですか?

はい、インスリンIsophane懸濁注射液は、医師の処方であれば、妊娠中でも安全に使用できます。しかし、妊娠中、妊娠を計画している場合、または授乳中の場合は、インスリン・イソフェン・サスペンション・フォー・インジェクションを使用する前に医師にお知らせください。用量の変更が必要な場合があり、医師は定期的に血糖値をモニターするようにアドバイスします。最大限の効果を得るために、医師の指示に従う必要があります。

Q. インスリンイソフェン注射用懸濁液の用量を変更する必要があるのはどのような場合ですか?

体重の増減、ストレスの増加、病気、欠食などの食生活の変化、アルコールを摂取している場合などは、医師に相談し、用量を調節する必要があります。また、最近運動習慣を変えた場合や、何か薬を飲んでいる場合にも、投与量が変更されることがあります。また、インスリンイソフェン注射用懸濁液を初めて使用する際には、その変化に注意する必要があります。例えば、通常は一時的なものである特定の副作用に気づくかもしれませんが、これらが非常に深刻である場合、用量の変更が必要になることがあります。

Subscribe
Notify of
guest
0 Comments
Inline Feedbacks
View all comments
Back to top button