エルダーベリーの免疫系と肌への効果

エルダーベリーの効能

エルダーベリー(Sambucus)は、北米、ヨーロッパ、西アジア、北アフリカで何世紀にもわたって民間療法として利用されてきました。そのため、エルダーベリーの薬効は調査され、再発見されています。エルダーベリーは、抗酸化作用、コレステロールの低下、視力の向上、免疫力の向上、心臓の健康増進、咳、風邪、インフルエンザ、細菌やウイルスの感染、扁桃腺炎などに利用されています。果汁に含まれるバイオフラボノイドやその他のタンパク質が、風邪やインフルエンザのウイルスが細胞に感染する能力を破壊します。

エルダーベリーに含まれる有益な成分

エルダーベリーには、有機色素、タンニン、アミノ酸、カロテノイド、フラボノイド、糖類、ルチン、ビブロン酸、ビタミンAとビタミンB、そして大量のビタミンCが含まれており、軽度の緩下作用、利尿作用、発汗作用があります。エルダーベリーの花と実の治療作用は、ケルセチンを含むフラボノイドが原因と考えられている。試験管での研究によると、これらのフラボノイドには強力な抗酸化物質であるアントシアニンが含まれており、細胞をダメージから守る働きがあるとされています。

エルダーベリーの健康効果

エルダーベリーは、1985年にはCRC Handbook of Medicinal Herbsに掲載されており、2000年のMosby’s Nursing Drugには、風邪、インフルエンザ、イースト菌感染症、鼻や胸の詰まり、花粉症などに効果があると記載されています。イスラエルのハダサ腫瘍研究所では、エルダーベリーが体の免疫システムを刺激すると判断し、がんやエイズの患者にエルダーベリーを使った治療を行っています。幅広い医学的効果(インフルエンザや風邪から、衰弱した喘息、糖尿病、体重減少まで)は、各個人の免疫システムを高めることによるものでしょう。
ドイツのカールスルーエにあるBundesforschungsanstalt research center for foodでは、エルダーベリーに関する研究を行っている科学者が、エルダーベリーのアントシアニンがサイトカインの産生を高めることで免疫機能を高めることを明らかにした。このユニークなタンパク質は、免疫系のメッセンジャーとして機能し、免疫反応を調整することで、病気から体を守ります。さらに、エルダーベリーに含まれるアントシアニンには、ビタミンEやビタミンCよりも高い抗酸化力があるという研究結果もあります。
オーストリアのグラーツ大学の研究では、エルダーベリーエキスが低密度リポタンパク質(LDL)コレステロールの酸化を抑えることがわかった。LDLコレステロールの酸化は、動脈形成に関与しており、心血管疾患の原因となります。
エルダーフラワーは、その健康効果のためにも利用されています。

ニワトコの実には毒がありますか?

ほとんどの種類のセイヨウニワトコの果実は、熟した状態で収穫し、調理すれば食用になります。Sambucus nigraはニワトコの中でも最も健康に良いとされている品種で、調理しなくても無毒とされている唯一の品種です。しかし、味と消化性を高めるために、少しだけ調理することが推奨されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button