5-HTPの効果と情報

5-HTPとは?

5-HTPまたは「ヒドロキシL-トリプトファン」(5-Hydroxytryptophan)は、天然に存在するアミノ酸で、神経伝達物質であるセロトニンとメラトニンをトリプトファンから生合成する際の前駆体および代謝中間体です。5-HTPは、ビタミンB6の助けを借りて、神経伝達物質であるセロトニン(5-HT)に変換されます。この変換は、神経組織と肝臓の両方で行われます。5-HTPは血液脳関門を通過します(5-HTは通過しません)。したがって、5-HTPを補給すると、セロトニンの生成が増加します。

5-HTPの健康効果

5-HTPは、肥満(ダイエット)、PMS(月経前症候群)、偏頭痛、うつ病、不安症、不眠症、依存症などの症状の改善に広く使用されています。5 HTPは、セロトニンの生成を増加させます。神経系のセロトニンレベルは、私たちの日常生活の多くの側面に不可欠です。セロトニンは、幸福感や満足感、標準的な睡眠パターンに関与しています。肥満、PMS(月経前症候群)、片頭痛、うつ病、不安神経症、不眠症、依存症などは、いずれもセロトニン濃度の低下と関連しています。セロトニンは、怒り、攻撃性、体温、気分、睡眠、人間の性欲、食欲、代謝、嘔吐の促進などのコントロールに重要な役割を果たしています。
ストレスや食生活の乱れなど、多忙な現代のライフスタイルは、体内のセロトニン濃度を低下させます。イライラしたり、攻撃的になったり、焦ったり、不安になったり、心配になったりすると、体内でセロトニンが分泌されることが知られています。そして、このセロトニンは、食べたものから体内に補充する必要があります。しかし、セロトニンはほとんどの食事には大量に含まれていません。そのため、チョコレート、オーツ麦、バナナ、乾燥ナツメヤシ、牛乳、ヨーグルト、カッテージチーズ、肉、魚、七面鳥、鶏肉、ごま、ひよこ豆、ピーナッツなど、L-トリプトファンを含む食品から体内で作らなければならない。そのため、多くの人は、特にストレスを感じたときに、列挙された食品(脂肪と炭水化物)を欲し、体重増加、うつ病、頭痛、筋肉痛などを引き起こします。

アトキンス・ダイエット – 欲求を抑える

臨床研究によると、5-HTPを補給することで、体重減少、不安、うつなどに良い結果が出ることがわかっています。睡眠パターンを改善し、低炭水化物ダイエット(アトキンス・ダイエットなど)における炭水化物への欲求を抑えます。アトキンス・ダイエットのような減量プログラムを行っている人は、炭水化物が体内のセロトニンの生成を促すため、セロトニンのレベルが低下する可能性がある。セロトニンの分泌は、炭水化物(砂糖など)の負荷によって引き起こされます。ストレスを感じると炭水化物が欲しくなるのは、このセロトニンの分泌を促したいからだと考えられています。脳内でセロトニンが分泌されると、緊張がほぐれます。 そのため、炭水化物を摂ると心が落ち着き、タンパク質を摂ると注意力が高まると考えられています。

5-HTPのサプリメントを摂取することで、脂肪や炭水化物への渇望を止め、怒り、食欲、睡眠など、上記の他のすべての機能をコントロールする手段を体に与えることができます。

うつ病や不安症の改善

5-HTPに関するいくつかの研究によると、5-HTPはうつ病や不安症、パニック障害、睡眠障害、肥満などに効果があると言われています。5-HTPは、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)抗うつ剤と同じ効果があると考えられています。
5-HTPは、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と同じ効果があると言われています。
体重減少や片頭痛の軽減には、より高用量の摂取が必要なようです。1日に900mg程度までの服用が広く報告されているようです。5-HTPは通常、従来の抗うつ剤よりもはるかに優れた耐性を持っています。過剰な5-HTPは、特にビタミンB6と一緒に摂取した場合、代謝されて排泄されると考えられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Back to top button